So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

復興のための暮らしの手引き [お仕事&法律関係]

東北地方太平洋沖地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
未だ余震が続くなか、不自由な生活を余儀なくされ、心身共にお疲れのこととお察しいたします。
被災された方々に1日でも早く平穏な日々が訪れるよう心よりお祈り申し上げます。

この度、うちのボス(弁護士)と有志の新64期司法修習生が、被災された方々のこれからの暮らしに役立つと思われる制度や手続き等の情報を集めた「復興のための暮らしの手引き~ここから/KOKO-KARA~」を作成しました。
当法律事務所のHPより無料でダウンロードできます。
当事務所のHPにアクセスしていただき、http://www.nextlaw.jp/
トップページの下記の画像をクリックしていただくとダウンロードできます。


被災された方々はもとより、被災されたご家族、ご親戚、ご友人がいらっしゃる方は是非ダウンロードをしてお渡ししていただき、ご活用いただけたら幸いです。


江ノ島水族館 [育児]

先々週の週末にzigoにチビ達を乗せてサイクリングついでに江ノ島水族館にいってきました。
134号沿いのマックで朝マックしてから行きました。
チビ達は、マック=おもちゃがもらえると思っているらしく、結構喜びます。
江ノ島水族館は、午前中はやい時間に到着したからか結構すいていました。
でも、イルカショーが始まるころにはイルカショーの席は満席になっていました。
江ノ島水族館にくるといつも入口のところで写真撮影をします。
一枚1000円ですが、毎回買ってかえります。
チビ達の成長の記録&親の成長の記録のために(どんだけ老けたかチェックするため(笑))。
下のチビは、大きな魚をみて大興奮してました。
でも、ペンギンは怖いみたいで、私にしがみついていました(笑)

海にでているサーファーも結構いて津波がくるかも・・・と海にでる人は少ないのかなぁなんて思っていましたが、湘南は通常通りの平和な週末になっていました。


子供二人乗せ自転車 [育児]

4月から上の子と下の子が同じ認可保育園に通うことになったので、通園用に子供二人のせ自転車を購入することにしました。
私は身長が151センチしかなく、足が届かないことと(ギリギリつま先立ち)、自転車を押す時にどうしても自転車が傾いてしまうこと等二人のチビを自転車に乗せることに大変不安をかんじていました。
そこで、自転車を試乗できる場所をネットで探し、八王子の交通公園にいってみました。
最初に試したのが、普通の子供乗せ対応の自転車の前後に子供を乗せる椅子を装着したものでした。
やはり足が届かないので危険だなぁという印象でした。
次に試したのが、子供二人乗せ4輪自転車です。
座高も低く足がぴったりつくのでこちらのほうが安心して乗れました。
ただ、4輪自転車にもかかわらず倒れることが判明したので(説明するのがむずかしいのですが、バタンと倒れるのではなく、徐々に傾いて倒れるかんじです)ちょっと不満でした。
次に府中の自転車屋さんまでいって、zigoというベビーカーが自転車の前にくっついているという珍しい自転車を試乗してきました。
自転車屋さんの前でちょっと試乗してみましたが、曲がるときにちょっと大変だけど、転倒する心配があまりなさそうだったのと、店頭処分で安くしてくれるということでしたので、購入することにしました。
実際のってみて、不便な点もみつかりました。
まず、自転車を降りて段差を乗り上げるために自転車を手で押したりすると後ろのタイヤがあがりうまく前に進まないという欠点があります。
うちのまわりには坂道がないので車道で走っている限りにはあまり問題はありませんが。
あと、子供を乗せたり下ろしたりするときに、ベビーカーの車輪を出さないとベビーカー部分が前のめりになってしまい子供を乗せにくいことや、直角カーブが曲がりにくい等お値段のわりにはいくつか問題点があります。
でも、なにより自転車で転んで子供が頭を強打するという危険は、通常の自転車にくらべかなり低いと思います。
子供二人乗せ電動自転車並みのお値段にすればもっと市場にでまわると思うのですが、輸入元と自転車屋さんの利益を考えるとなかなかそうもいかないのかしら?


帰宅困難者 [その他]

地震があった11日、私は8時間かけて自宅に帰りました。
ゴルフ帰りに保育園にお迎えにいってくれるはずの義理の父は携帯をもってなかったみたいで連絡がつかず、何がなんでも子供を迎えにいかなければならなかったのです。
2回目の大きな揺れがあった後、主人と連絡がとれなくても一人で歩いて帰ろうと決め事務所をでました。
四ツ谷三丁目から半蔵門まで歩きはじめたところで、主人からの皇居周辺を歩いているという留守番電話のメッセージがきけたので、そのまま皇居にむけて歩きました。
ちょうど地震発生の前の週末に半蔵門にある主人の関連会社がはいっているビルを教えてもらっていたので、会えなければそこを訪ねようかなと思ってたところ、また偶然に電話がつながり主人と無事会うことができました。
これから打ち合わせがあるから待っててといわれ、しばらく関連会社の待合室で待ちました。
その間も余震が何回もありましたが、震度7でも大丈夫なビルだといっていたので安心してまっていました。
打ち合わせが終わってから、主人の会社の人のお宅で自転車を2台借りてかえることになり、まずは半蔵門から洗足池まで3時間30分歩きました。
洗足池から自宅まで4時間30分。
上のお姉ちゃんは海辺の認可保育園だったので、津波で小学校に避難しているという連絡が市役所からはいり、無認可保育園にいっている下のチビとは電話がつながらないため連絡がとれず不安のまま一生懸命自転車をこぎました。
電話は、市役所のほうからかかってきた電話はつながるのですが、私のほうからかけた電話はつながらない状態でした。
そこで市役所の人にお願いして無認可保育園に伝言を伝えてもらい、とにかく一刻もはやく帰れるようにひたすら自転車をこぎました。
0時30分頃ようやく無事チビ達を迎えにいったという義理の父からの連絡がはいり、一安心しました。
義理の父にはもう大丈夫だからどこかに泊まりなさいと言われましたが、もう少しだし泊まるところもないだろうしとそのまま自宅まで帰りました。
翌日はさすがに膝がガクガクでしたが、いい自転車を借りることができたので、筋肉痛になることもなく、翌々日には通常どおりの体調に戻りました。
大津波がくることもなく無事子供を迎えられて本当によかったと思うとともに関東大震災が来たら・・・と不安になる毎日です。








東北地方太平洋沖地震 [その他]

東北地方太平洋沖地震発生から2週間が経過しました。
私の友人に石巻市に住んでいる子がいたので心配していましたが、ご家族ともに無事でなによりでした。
海から5分とかからないところに住んでいる私はとてもひとごととは思えず、テレビの映像を見るたびに気分が悪くなり精神的に参ってしまいました。
そんな様子をみて、主人にテレビあんまり見ないほうがいいよと言われました。
高台なし、避難所の小学校は3階建!!あんな大津波がきたら・・・
大津波が来ないことを祈る毎日です。









認可保育園内定♪

上のお姉ちゃんはすでに認可保育園に入所しているのですが、下のチビもやっと4月から認可保育園に入園することができるとの内定をいただきました♪
昨年の7月から働き始め、認可保育園の空きがなかったので、最初は赤字覚悟で2人とも無認可保育園にいれました。
2人もいるとなかなか同時に認可保育園に入ることはできないと聞いていたので、別々入園OKで申請をしていたところ、1カ月後にお姉ちゃんが認可保育園に入園することができました。
認可保育園に入園はできましたが、今度は無認可のふたりめ割引がなくなってしまったので結局無認可に二人いれているのと料金的にはあまりかわならい状態でした(悲)
そして、下のチビもやっと4月から認可保育園です。
お姉ちゃんが3歳児クラス(年少クラス)になるので、料金がグーンと安くなるのと、チビが認可保育園にはいれてふたりめ割引もきくようになったので、やっと私が働いた分で働いている為に支出しなければならない費用(保育園代、健康保険代等)がすべてまかなえるようになりました♪
保育園代を払うために働いている状態がやっと解消(ばんざーい!!)



上野動物園 [育児]

上野動物園にパンダがやってくるという記事を読みました。
うちは子供が喜ぶのでよく動物園に行きます。
多摩動物公園もズーラシアも富士サファリーパークも行きましたが、上野動物園が特にお気に入りです。
なぜなら、上野動物園は昔からある動物園だからか?動物が至近距離から見ることができるのです。
パンダが公開になったら混んでしまうかもしれないけれど、まだチビだちはパンダを見たことがないので公開されたら行きたいなーと思っています。

上野動物園には複数出入口があるのですが、ある出入口(名前は忘れましたが)の外には子供遊園地なるものがあります。
上のお姉ちゃんは出口をでた瞬間、目をキラキラさせて子供遊園地にまっしぐら。
あれも乗りたいこれも乗りたいといってなかなか帰れませんでした。
最後は、パパが抱きかかえて連れて帰りました(笑)
それを教訓に、うちはいつも子供遊園地がないほうの出入口を使っています。


ビデオ [育児]

昨日帰ってさっそくおたのしみ会のビデオをチェックしました。
ちゃんととれていました♪
のんたんの「あっかんべ」というタイトルの絵本の内容を少しアレンジして劇にしていました。
うちの娘はのんたん役です。
のんたん役の子供は3名いたのですが、配役を決めるだけでも保育士さんは大変だっただろうな~と(笑)
でも、ちゃんと劇になっていて、3歳にもなるとちゃんとお遊戯できるのだなーと感心しました。

債権者集会 [お仕事&法律関係]

今日は、午後から少額管財事件の債権者集会があったので、私も一緒に行って見学させてもらいました。
少額管財事件では、債権者の方がいらっしゃることが少ないと聞いていましたが、ほんとうにあっさりしたものでした。
多額の借金を負ってどうにもならなくなっても自殺する必要はなく、やり直すチャンスを社会からもらえるといういい制度だなと私は思います。
債権者の立場からすれば、とんでもない制度かもしれませんが・・・

今日の裁判官は、とっても若い方でした。
自分より若い裁判官や弁護士、自分よりあきらかに若いパパやママをみると私も年をとったものだなぁと実感します。
そして、あっという間に年をとり、子供と同じくらいかななんて思う年齢になっちゃうのかな・・・


おたのしみ会 [育児]

今日午前中、上のお姉ちゃんの保育園でお楽しみ会があります。
お楽しみ会といっても子供たちが劇等を発表するおゆうぎ会みたいなものです。
今朝、「ママはお仕事だからいけないけど、ジジとババとパパが行くから頑張ってね」というと、「えー、ママ来ないと頑張れないよ。」とかわいいことを言ってくれました。
「でも、お仕事いかなくちゃいけないし、パパがビデオと写真とってくれるから帰ってから見るから頑張ってね。」というと、「うん、ママお仕事頑張って。」と言ってくれました。
最近会話が成立するようになってきて、娘の成長を感じる今日この頃です。

問題はパパがちゃんとビデオをとってくれるかなのですが(笑)
以前、マザー牧場に行った時、子ブタのトントンレース(自分と同じ番号のゼッケンをした子ブタのお尻をトントンたたき、一番はやくゴールにつれていった子供にぬいぐるみをプレゼントしてくれるもの)に娘が出場した時のことです。
上のお姉ちゃんはものおじしないタイプなので、親から離れてレース場にでていくところまではよかったのですが、まだ意味がよくわかってなかったらしく、違う番号の子ブタのお尻をたたいてしまいました。
ビデオをとっていたパパは、思わず興奮して「違うよー、(娘の名前)!!」とさけびビデオをとっていることを忘れてしまいました。
帰ってビデオを確認すると、最初の部分と最後の部分だけ娘が子ブタのお尻をトントンたたいていることろがとれていて、あとは、地面とお空が映っていました(笑)

娘がちゃんとおゆうぎできているか、パパがちゃんとビデオをとってくれているか、今日は帰ってビデオみるまで心配です(笑)



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。