So-net無料ブログ作成
アトピー(食物アレルギー) ブログトップ

食物アレルギー(その2) [アトピー(食物アレルギー)]

娘の方は、あのドロドロ状態になることはないが、しばらく湿疹がでることはあっても湿疹がでている日にちがだんだん少なくなっていきました。
6か月すぎのプリックテストでは、米、コーン、ピーナッツ、エダマメ、牛乳、タラ、ココアはプラス1、卵白はプラス3でした。エビ、小麦、サケ、イワシ、ゴマ、ハウスダスト、そば粉はゼロ。
1歳のお誕生日すぎから普通米や大豆製品(しょうゆやみそ等)をはじめました。
卵製品は2歳のお誕生日を迎えてもアレルギー反応がでました。
うちの娘の場合は、足全体が真っ赤になりかなりかゆいようでした。
2歳2カ月で血液検査をしたところ、卵白が2.65UA/mlでした。
この年齢でこの数値だとアレルギーがでる子とでない子がいると医師に言われました。
2歳半ぐらいから卵が入っているパンをはじめました。
クリームパンはアレルギー反応がでましたが(足にかゆみを伴う赤い円形の湿疹がいくつかでる)、その他のパンは大丈夫でした。
そして、3歳を迎えた現在、保育園での給食で卵12グラムまではOKになりました。
食べられるようになるまではもうすぐかな。
今では、外出時にかかさなかったステロイドも持ち歩かなくてもすむようになりました。
最初はどうなることかと心配しましたが、結果的には軽度のアレルギーだったのでよかったです。
もちろん、アレルギー体質であることにはかわりはなく、思春期にまたドカンとでるかもしれませんが、そのときはそのときで対処していくしかありません。
今回のことで思ったことは、ネットの情報も信じていいものもあれば悪いものもあるのだなあと思いました。当時、娘はみるに耐えがたいほど状態が悪く、私は情報を集めれば集めるほど不安がつのっていて、パニック状態になっていたのだと思います。
もし、自分の娘が重度のアトピーでステロイドを塗っても塗っても治らなければ、私もステロイドが悪いのだと思っていたかもしれません。
結局悪いのはアレルギーという病気であってステロイドではありません。
きちんと病院へ行き医師の指導の下ステロイドを塗ってアレルギー反応を抑えつつ、どのようにしてアレルギーを治していったらよいか冷静に考えることが大切なのだと思います。



食物アレルギー(その1) [アトピー(食物アレルギー)]

上の子は、食物アレルギーがある。3歳になった今では卵だけになったが、離乳食はじめたころはお米もだめで苦労しました。
乳児湿疹からはじまり、頭の湿漏性湿疹がひどかった。
このあたりでは普通の子でもありえるが、2か月すぎから首や耳から赤くなり黄色いシルがでて、あっという間に全身シルだらけになりました。
シルだらけっていう表現ではわかりにくいかもしれないけれど、皮がめくれていつも黄色い液体がでているかんじ。
うちは、不思議なことに私はでないけれども、私以外の兄弟がアトピーでありいわゆるアレルギー体質。
だから、ステロイドの存在も知っていました。
そして、兄弟は、ステロイドは一度ぬるとやめたときにまたドカンとでるから塗らないといつもいっていました。
最初に診察してもらった近所の小児科の医師に皮膚科にいってくださいといわれ、皮膚科にいきました。
皮膚科ではステロイドをだされました。キンダベートというやつです。それと、頭用のステロイドも。
アトピーやステロイドに関する本を十数冊よみ、ネットでも調べました。
たいていは、ステロイドは使わない方がいいという情報が多く、また、本でも、ステロイドを塗る治療法は間違っていて著者の紹介する治療法がいいというものが多かった。
娘の皮膚はドロドロだし、ステロイドはよくないという情報は氾濫しているし、私は医者の前でステロイドを塗っても大丈夫なのか?いつまでぬり続けなければならないかを泣きながら聞きました。
答えは、湿疹がなくなるまでかなり長期に塗ることになる。ステロイドを今ぬらなければいつぬるんだ?手で顔をかかないように手をしばってくださいとまでいわれました。
結局、長袖のシーズンだっただめ、洋服のそでをおしゃぶりをとめる紐でとめ、ステロイドもぬりました。
しかし、なかなか赤みがとれるまでにはいきませんでした。
治療法になっとくがいかない私はアレルギー科を併設している小児科を探していってみました。
そこでは、まず、食事を考え直してくださいとのことでした。
私自身が食べた物を記録して子供の湿疹の反応を見る方法です。
もちろん、ステロイドもだされました。
その先生は、キンダベートよりも強いリンデロンVGと亜鉛化軟膏をだされました。
弱いステロイドをずーっとぬり続けているよりは、一回ちゃんとなおしてあげて、薬をやめて食べ物での反応をみて、湿疹がでたらまたステロイドをぬってという治療の方法でした。
この医師も治るまでは時間がかかるとおっしゃっていました。
そのころ、私は母のすすめで、昔兄弟がお世話になった下関市立中央病院の永田先生が書いた「油をたてばアトピーはここまで治る、永田良隆、三笠書房」(※ここでアマゾンのHPから本の写真がのせられたらいいのですが、やり方がよくわからないので、ご容赦。)を読んでいましたので、この先生を信じて治していこうと心に決めたのです。
それからの食事は、イモ、野菜、白身魚中心で、ご飯(アレルギー米)はほんの少し、食パン、うどん少し、調味料は塩やお酢、ひえやあわのしょうゆやみそ。
子供の悪い状態をみているので、こんな究極のダイエット?!のような食事も苦にならず、できました。私はあっという間に痩せて、またお肌の調子もよくなり、意外にもいい効果もありました。
食物アレルギー(その2)へ続く
アトピー(食物アレルギー) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。