So-net無料ブログ作成

あいうえうしうしまみむめも

最近、ひらがなにとても興味がある上の子のために、
私が小さい頃に遊んでいた知育玩具をオークションで購入しました。
ニチガンのひらがなマスター器です。
DSC_0310.JPG
DSC_0309 (23).jpg
小さなレコード(タイトル:あいうえうしうしまみむめも)がついていて、小さい頃はしつこいくらいこれで遊んでいました。
今でも歌えるし、とっても楽しい曲です。
ちびたちも大好きみたいで歌って歌って~とせがむので私が歌うのに合わせて遊んでいます。
でも、大人になってきづいたことが一つあります。
「かさかさかさかーあ」という部分があるのですが、ずっと「かたかたかたかーた」だと思っていました。
先日、保育園の先生に上の子が舌たらずで何をいっているかわからないときがあるので、「ことばの教室」にいってみてくださいといわれて行きました。
「さ行」が「た行」になったり、「か行」が「た行」になったりする構音障害でした。
「さ行」は年中さん位でいえるようになる子がほとんどですけど、「か行」は小学校にあがっても残る場合があるので、年長さん位になったら1カ月に1回半年位通えば必ず治りますと言われました。
今はまだ教室に通っても成果がみられず、無駄な努力になるみたいです。
「あいうえうしうしまみむめも」の曲で思い出したのですが、私も「か行」が「た行」になる構音障害があったのかも・・・娘の構音障害は遺伝かな。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。